LIME研究会について

研究会概要

Lid and meibomian gland working group (LIME) 研究会は、現在、眼科で急増しているマイボーム腺関連疾患の研究促進ならびに治療の質の向上と普及を目的として2012年2月に発足しました。 年に2回以上のLIME会議をはじめ、海外から講師を招聘して今までに3回の国際講演会を行いました。また、日本の眼科では最も大きな学会である、臨床眼科学会においてインストラクションコースを行ったり、国内外での眼科学会での発表をとおして、私たちの活動を発信しています。

MGDの正確な診断への試み、治療法のより深い理解を目指して、その第一歩として2013年、患者さんが自宅でできるケア(温罨法と眼瞼清拭)に関する病医院向けDVDを作成しました。(※「MGDについて」のページで内容をご覧いただけます)。
2014年には主に医療従事者に向けての専用サイトをたちあげ、このたび一般の方や患者様にも広く知っていただけるようサイトのリニューアルを行いました。

今後もマイボーム腺関連疾患の多方面から疾患の病態解明や予防・治療法の開発に向けてその役割を果たしていきたいと考えています。
マイボーム腺関連疾患という古くて新しい疾患の正しい理解と治療の普及を目指してみなで力をあわせてがんばっていく所存ですので今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

世話人紹介

有田 玲子Reiko Arita
伊藤医院 眼科
川島 素子Motoko Kawashima
慶應義塾大学医学部 眼科学教室
高 静花Shizuka Koh
大阪大学大学院医学系研究科 眼科学
﨑元 暢Tohru Sakimoto
日本大学医学部附属 板橋病院 眼科
白川 理香Rika Shirakawa
東京大学大学院医学系研究科 眼科学
鈴木 崇Takashi Suzuki
医療法人石峰会 いしづち眼科
森重 直行Naoyuki Morishige
山口大学大学院医学系研究科 眼科学