LIME研究会

﨑元です。

先日、こちらで↓マイボーム腺の構造・機能にMMPの一種が大きく関与していることを示唆する論文を紹介しました。

http://www.lime.jp/main/research/1739

また、マイボーム腺機能不全に対する新しい副腎皮質ステロイド薬点眼の有効性についてもこちらで↓触れました。

http://www.lime.jp/main/research/1548

この論文の中では、ドライアイ症例ほどではないものの、MGD症例においても炎症性酵素の一つである涙液中MMP-9濃度が高値であることが示されています。

 

私たちも、来年2月に軽井沢で開催される角膜カンファランス2016で、MGD症例におけるMMP-9検出キットを用いたMMP-9発現についての多施設共同研究結果を発表します。面白い知見が得られつつあり、今後も症例数を積み上げて研究を進めていきたいと思います。