LIME研究会

研究会概要

メンバー紹介

LIME研究会メンバー

有田 玲子Reiko Arita

有田玲子医師

伊藤医院 眼科

“涙のあぶら”というちょっとマニアックに聞こえる領域を、いかに多くの方に興味を持って知っていただくか、日々奮闘しています。
6人の仲間とともに多角的な観点から多くの情報を広く深く発信していくのが夢です。

川島 素子Motoko Kawashima

川島素子医師

慶應義塾大学医学部 眼科学教室

マイボーム腺機能不全の病態の解明と新規治療の開発をめざして、日々診療と研究に邁進しています。得られた知見を患者様に還元できるよう、精一杯努力しています。

高 静花Shizuka Koh

高 静香医師

大阪大学大学院医学系研究科 眼科学

眼表面と視機能に興味を持っています。良好な見え方を得るためには眼表面の状態が良好である必要があり、そのキーとなるマイボーム腺をいろいろと掘り下げて調べてみたいと思います。

白川 理香Rika Shirakawa

白川理香医師

東京大学大学院医学系研究科 眼科学

マイボーム腺についての基礎・臨床研究をしています。老若男女、様々な人のマイボーム腺を観察し、眼やまぶたのつらい症状の原因解明やより良い治療法の探求をしていきたいです。

鈴木 崇Takashi Suzuki

鈴木 崇医師

医療法人石峰会 いしづち眼科

眼と微生物の関係を調べています。瞼には常在細菌が存在しており、マイボーム腺の疾患にも関係しているのではないかと考えています。微生物学の視点からマイボーム腺を科学できるように心がけたいと思います。宜しくお願いします。

森重 直行Naoyuki Morishige

森重直行医師

医療法人松井医仁会 大島眼科病院

私の専門は角膜(黒目)です。まぶたと角膜というのは密接に関連する組織で、まぶたの病気が角膜の病気と関係することはしばしばあります。
また、まぶたと密接に関係する涙液(ナミダ)も角膜に接しており、これも角膜の病気に関連してきます。まぶたやナミダの病気を考える時に「角膜屋さん」がお役に立てればと思います。